乳がんについて

乳がんの病院ランキング

↓最下部にランキングの補足があります。

医療機関名 乳がん手術数 手術なし 所在地
1 癌研有明病院 608 101 東京都江東区
2 聖路加国際病院 383 東京都中央区
3 聖マリアンナ医科大学病院 269 10 神奈川県川崎市
4 国立がん研究センター中央病院 265 43 東京都中央区
5 四国がんセンター 262 246 愛媛県松山市
6 久留米第一病院 240 49 福岡県久留米市
7 北九州市立医療センター 230 福岡県北九州市
8 愛知県がんセンター中央病院 219 愛知県名古屋市
9 順天堂大学医学部附属順天堂病院 206 47 東京都文京区
10 広島市立広島市民病院 199 24 広島県広島市
11 大阪大学医学部附属病院 191 119 大阪府吹田市
12 亀田総合病院 188 134 千葉県鴨川市
12 千葉県がんセンター 188 37 千葉県千葉市
14 新潟県立がんセンター新潟病院 186 767 新潟県新潟市
15 熊本市立熊本市民病院 184 305 熊本県熊本市
16 都立駒込病院 178 162 東京都文京区
16 東北公済病院 178 476 宮城県仙台市
18 埼玉医科大学国際医療センター 167 22 埼玉県日高市
19 東海大学医学部付属病院 161 23 神奈川県伊勢原市
19 九州がんセンター 161 336 福岡県福岡市
21 静岡県立静岡がんセンター 160 17 静岡県駿東郡
22 横浜市立大学附属市民総合医療センター 154 13 神奈川県横浜市
23 虎の門病院 153 97 東京都港区
24 川崎医科大学附属病院 143 122 岡山県倉敷市
24 静岡県立総合病院 143 20 静岡県静岡市
26 博愛会病院 142 279 福岡県福岡市
27 北里大学病院 132 129 神奈川県相模原市
27 相良病院 132 225 鹿児島県鹿児島市
29 東京慈恵会医科大学附属病院 131 24 東京都港区
29 日本大学医学部附属板橋病院 131 41 東京都板橋区
31 さいたま赤十字病院 127 12 埼玉県さいたま市
32 大船中央病院 125 106 神奈川県鎌倉市
33 大阪医療センター 121 40 大阪府大阪市
34 関西ろうさい病院 120 86 兵庫県尼崎市
35 東京女子医科大学病院 118 58 東京都新宿区
36 群馬大学医学部附属病院 117 群馬県前橋市
37 千葉大学医学部附属病院 112 千葉県千葉市
37 名古屋大学医学部附属病院 112 13 愛知県名古屋市
39 旭川医科大学病院 109 24 北海道旭川市
39 栃木県立がんセンター 109 32 栃木県宇都宮市
41 京林大学医学部附属病院 107 20 東京都三鷹市
41 三重大学医学部附属病院 107 62 三重県津市
43 兵庫県立がんセンター 105 13 兵庫県明石市
44 市立奈良病院 101 12 奈良県奈良市
45 聖隷浜松病院 99 56 静岡県浜松市
45 大阪厚生年金病院 99 83 大阪府大阪市
47 慶應義塾大学病院 96 39 東京都新宿区
47 複十字病院 96 75 東京都清瀬市
49 帝京大学医学部附属病院 94 17 東京都板橋区
49 筑波メディカルセンター病院 94 19 茨城県つくば市
49 福井県済生会病院 94 63 福井県福井市

ランキングの補足

症例数が多い病院には、乳がん治療に不可欠な乳腺外科医をはじめ、各分野の専門家が揃っている可能性が高いと言えます。「手術なし」の件数は、入院治療で実施した化学療法などの件数となります。薬物療法は外来で行われるケースも多いため、参考値としてご覧ください。

日本乳癌学会の登録データベースを利用して2005年に調査した結果では、ホルモン感受性検査の実施率は97%、HER-2検査の実施率は72%程度だったようです。症例数の多い病院を中心にした調査でさえ、この結果であることを考えますと、乳がん治療を行う医療機関全体での、HER-2検査実施率はさらに低い可能性が高いと言えます。乳がん治療は、この二つの検査を実施している病院を選ぶ必要があります。もしも、ホルモン感受性、HER-2がともに陽性なのに、これらの検査を受けていなければ、みすみす再発のリスクを減らすチャンスを逃すことになってしまいます。

病院別の標準治療遵守率や生存率は、残念ながら公開されていませんが、少なくとも、年間手術症例数が50以上あって、乳腺専門医がいること、上記の二つの検査とセンチネルリンパ節生検を受けられることが病院選びの目安となります。

「−」は10例未満、または分析対象外とされたものです。

乳がんの名医